資金繰り|横浜で顧問契約250社以上。信頼と実績のひぐち税理士事務所

横浜ひぐち税理士事務所
お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)
資金繰り

資金繰りについて

資金繰り

資金が無ければ会社を続けられません。会社を存続していくためには何とか資金繰りをつける必要があります。

毎年、自己資金が増え続けている状況であれば問題ありませんが、「利益は出ているはずなのに自己資金が増えない」「そもそも利益が出ていない」という状況であれば、早急に資金繰り改善に取り組まなければなりません。

根本的な資金繰り改善は、利益を出すことにより「収入≧支出」とする事ですが、まずは当面の支出を減らすための諸策を講じ、「収入≧支出」とするまでの時間を稼ぐ必要があります。

融資コンサルティング

融資を受けるためにはタイミングが重要です。数ヶ月前なら受けられたものが、現状では受けられないというケースも多々ございます。

融資を引き出すためには、「どのタイミングで申し込み」「どのくらいの借入額で」「どのような事業計画だと可能性が高くなるのか」といった部分がとても大切になってきます。

弊社ではそのような部分まで踏み込んだアドバイスを行っておりますので、融資成功率は90%以上となっております。(融資成功率=成功数÷申込数×100)

タイミングを逃さないためにも、お早めにご連絡ください。

融資コンサルティングの流れ

1. ヒアリング 融資希望額と資金使途をお聞きします。
2. 現状把握
財務分析などにより現状把握を行います。
3. 問題分析
融資申請に向けての問題点を分析します。
4. 書類作成
申請に必要な書類作成のお手伝いをします。
5. 融資申請 問題点を解消し、融資申請を行います。

融資コンサルティングの料金

事前相談 1万円/時間
基本料 3〜5万円
成果報酬 融資決定額の1〜2%
融資を受けてから安定経営を継続させるために
手元資金が増えると気が緩んでしまい、費用対効果を深く考えずにお金を支払ってしまう傾向があります。

でも忘れないでください。そのお金は返済しなければならないものであり、資金力の乏しい中小企業には、度重なる失敗が許されないということを・・。

10年間で約30%の中小企業が廃業しているなか、継続的な安定経営を行うために大切なことは「深く考える」「気づく」そして、効果的に「実行する」ことです。

融資を受けたことにより、これまで以上に利益を出さなければならない状況になっているはずです。

ぜひ、弊社の「考えるセミナー」や「中期経営計画作成セミナー」へ参加し、安定経営を継続させるの「必要売上」と「必要な行動」を深く考えてみて下さい。

このページの先頭に戻る

お問合せフォーム(横浜ひぐち税理士事務所)